読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッバイ・クルエール・ワールド~新たなる旅立ち~

ときに熱くなったり、冷たくなったりするブログ

荒尾のカフェ・Arbaroに行きました

 

9/21(日)、家族で熊本は荒尾に足を運びました。
今回の目的は荒尾に最近オープンしたcafe Arbaroで行われるライブイベントを観るため。

このcafe Arbaroには以前から行きたかったのでやっと念願が叶いました。

というのも、熊本で活躍するインディーロックバンドにDoit Scienceという連中がおりまして。
彼らとはかれこれ10年以上の付き合いなのですが、そのメンバーの奥方が一念発起、家族共々熊本市内から引っ越し、このArbaroの創立メンバーとして一からお店を作ることを前から伺っていたので、完成した暁には是非お邪魔したいと思っていたのでした。

なにせこのご夫婦、3・11大震災以降に関東から移住してくる家族を積極的に自宅へホームステイさせる、という動きを草の根活動でいち早く実践されていて、実はこのArbaroのスタッフの方々はその中で知り合った移住者も多数参加している、とのこと。

その話だけでも我々には真似できない行動力に"すごいなぁ"と感心していたですが、今回実際そのお店に訪れてまたビックリ。

正直なこと言うと、そこまで潤沢な資金もないだろうし(←失礼)多分こじんまりした古民家をリフォームしたカフェなんだろうな、などと思ってたんです。そしたら…


立派過ぎる外観!

 

f:id:gubakuruitich:20160404134636j:plain



玄関を入ると広々としたエントランス!

 

f:id:gubakuruitich:20160404134653j:plain



これまた広々とした店内!

 

f:id:gubakuruitich:20160404134717j:plain



託児スペースも完備!

 

f:id:gubakuruitich:20160404134742j:plain



す、すごい…

私の想像をはるかに超えた、まさに楽園ともいえそうな場所。スタッフの方々の”こうゆうお店が作りたい”という希望を一つ一つ丁寧に実現した、と思われる素晴らしすぎる施設。これほどのものを設立するにあたっては、それは相当の覚悟と努力をつぎ込んだに違いない…などと思いながらセンスの良い木製の椅子に腰かけ、しみじみ居心地の良い空間に浸っておりました。

そうこうするうちにイベントがスタート。



まずはArbaroのスタッフでもある平井正也さん

f:id:gubakuruitich:20160404134827j:plain

写真からも伝わる気迫のこもった唄!



福岡のとんちピクルスさん

 

f:id:gubakuruitich:20160404134853j:plain

f:id:gubakuruitich:20160404134906j:plain

昔からライブ観てるけど、ほんといい意味で変わらないユーモアと悲喜こもごもが相混じった唄の素晴らしさ!



熊本のDoit Science

f:id:gubakuruitich:20160404134951j:plain

f:id:gubakuruitich:20160404135023j:plain

どこで演奏しても浮いてしまう唯一無比の音楽性。この日はお客さんにやたらとコーラスを一緒にやろう、と誘ってましたが、できませんって!(笑)



京都から来たラブラブスパーク

f:id:gubakuruitich:20160404135044j:plain



の計4組(写真提供・アフロチカ)

場の空気と相まって、アットホームかつ熱いステージに我々観客もやんやの盛況ぶり。ちょっと帰るのが名残惜しいくらいでした。

しかしここでも感じましたね。このカフェの成り立ちや今回の出演ミュージシャンたちの”志ある人たちが繋がるべくして繋がっている”という不思議な縁を。

確かに今は不確実で不安定な時代だけど、だからといって悲観的にならず、とにかく自力で動く・切り開く、そうゆう底力を持ったタフな人たちがたくさんいる。そしてそんな人たちがひいては世の中を変えるのだろうな、と思わずにはいられないのです。

RECODAS [Analog]

RECODAS [Analog]

 

 

Information

Information

 

 


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村