グッバイ・クルエール・ワールド~新たなる旅立ち~

ときに熱くなったり、冷たくなったりするブログ

”アメリカ一惨めな街”から産まれたギターロック、クラウド・ナッシングス

2010年の調査、らしいがアメリカで最も”惨めな”都市はオハイオ州にあるクリーブランド、だそうだ。

 

jp.reuters.com

 

なんちゅう調査だ、と思うし住んでる人はお気の毒、としか言いようないが、高い失業率と鬱陶しい天気がその理由だそうだ。

 

そのクリーブランド出身のバンド、クラウド・ナッシングスが今年発表した新譜をここ最近よく聴いている。

 

ライフ・ウィズアウト・サウンド

ライフ・ウィズアウト・サウンド

 

 

Life Without Sound

Life Without Sound

  • Cloud Nothings
  • オルタナティブ
  • ¥1500

 

もう何年もギターロックバンドのアルバムなんて買ってなかったんだけど、このバンドはほんとによい。例えばデス・キャブ・フォー・キューティーなどの”90年代オルタナ・ロック”直系のギター・ワーク、なんだけど、とにかく次から次へと激流のごとく沸き上がるようなメロディーが気持ちよすぎて、つい何度もリピートしてしまう。

 


Cloud Nothings - "Internal World" (Live at WFUV)

 

またポップなんだけど、全編にどこか刺々しいというか、苛立った不穏な空気感が漂っているのもいい。最も惨めな街で生まれた郊外の(文化系の)若者たちの鬱屈が爆発している…そんな感じ。このフィーリングは日本の衰退する郊外に生きる、とっくに青春期を通り過ぎた俺にも肌感覚でビシビシ伝わってくる。

 

う~ん、でもこの歳になってもこうしたギターロックバンドに惹かれる感性が自分に残ってんだなぁ、って不思議な気持ちにもなるぞ。